交通事故治療 ケース別のお悩み

交通事故のあらゆるケースの怪我に対応しています。
加害者の方もしっかりと治療を受けましょう。

交通事故には様々なケースがあります

交通事故治療の多くは「車に乗っていたら、後ろから別の車に追突されてむち打ちになった」という前提で説明されていますが、もちろん交通事故にはこれ以外にも様々なケースがあります。
そしてケースごとに起きやすい怪我や症状も変わってきます。

 

当院は、全ての患者さんに同じような交通事故治療を行うのではなく、一人ひとりの交通事故の状況に合わせて原因を特定し、最適な治療方法を提案させて頂きます。
どんな状況の、どんな立場の方の治療も対応していますので、交通事故の当事者になられた方は、高洲整骨院までご相談ください。

追突以外のよくあるケース

自転車に乗っている時に車と接触して転んだ。その際、手首を損傷した。
ちょっとよそ見している間に、電柱にぶつかった。とっさに急ブレーキをかけたので膝を痛めた。
自分でガードレールにぶつかってしまい、むち打ちになった。
大通りで人が飛び出してきて急ブレーキをかけた。その時、シートベルトの圧迫で肋骨が折れた。
青信号で交差点を歩いていたら、信号無視をした車が突っ込んできて脚を怪我した。
歩道に車が入ってきて、避けようとした時に捻挫した。

これら以外にも、当院ではあらゆるケースの事故の治療を行っています。交通事故は、どれだけ気を付けていても、いつどこで巻き込まれるか分かりません。万が一、事故に遭ってしまったら、後遺症にならないようしっかりと治していきましょう。

交通事故加害者の方へ

事故による加害者も、もちろん怪我をすることはあります。
被害者への罪悪感から、なかなか治療を受けられないという方もいますが、そうすることによって症状が悪化しても、誰も救われません。

 

賠償のことなどは、保険会社の担当者が行ってくれますので、加害者であっても自分の身体を大切にして、後遺症が残らないようしっかりと治療を受けるようにしましょう。

新着情報

一覧へ >
2018/04/11
水曜日
2018/03/28
3月31日(土)
2017/06/20
6月24日(土)
2017/05/19
5月20日(土)
2017/04/28
ゴールデンウィークの予定
受付時間・アクセス受付時間・アクセス 交通事故治療交通事故治療 自費メニュー自費メニュー 機材紹介機材紹介 院長ブログ院長ブログ